快適な布団をあなたに!

たくさんの方が人生の1/3をお布団の中で過ごしています。健康な日常のために睡眠は重要と言われており、良い睡眠には快適なお布団が必要です
では「快適なお布団」ってどんな布団でしょう?

布団には
・綿布団
・化繊布団
・羽根布団
・羽毛布団

などの素材があり、敷き布団と掛け布団、夏用の肌掛け布団などがあります。

布団には
・綿布団 ・化繊布団
・羽根布団 ・羽毛布団

などの素材があり、敷き布団と掛け布団、夏用の肌掛け布団などがあります。

綿布団

敷き布団は一般的に綿素材が多く、一部に羽根布団もありますが、最近はベッドの普及で敷き布団を使用していない方も増えています。
一方の掛け布団は長らく綿布団が一般的でしたが、昭和40年代から販売され始めた羽毛布団が軽さと暖かさに優れ、近年は低価格化も進んだため今日では主流となっています。

化繊布団

化繊の布団は放湿性や軽さに優れ、小さく収納でき丸洗いなどの取り扱いも楽など良い面もありますが、保温性と天然素材の温かみに欠け、キャンプ用のシュラフなど携帯性と取り扱いの良さなど実用性が求められるシーンで防水性の高い生地とともに普及しています。

羽根布団

羽根布団は羽毛布団の羽毛の比率が低いものですが、羽毛が保温性を左右するので、羽毛比率が低い布団は必然的に暖かさに欠けるものになり、安価になります。羽毛布団と羽根布団は混同されがちですが、ボリュームや暖かさと価格に格段の差があります。
敷き布団では羽毛布団よりも羽根布団の方が多く使われています。

羽毛布団

羽毛布団の中にも大きな価格差がありますが、これは使われている羽毛の質によります。簡単に言えば安価なものはダックダウン、高価なものはグースダウンを使用しています。
保温性の差は羽毛サイズの差で、ふくらみやボリュームなど見た目にも影響してきます。
軽く暖かい羽毛の掛け布団は体への負担が少なく、その結果良い睡眠をもたらします。
羽毛の掛け布団は吸湿・放湿性が良く、軽く、長持ちしますので、高価で購入したものは上手にお手入れすると一生使い続けることができます。

ずっと快適なお布団で過ごしたい!

誰もが望んでいることですが、案外ちょっとした手間で出来るものです。
購入時はどんな布団でも快適なものです。では、ご自分の布団をいつも買った時のようにしておけば良いのでは?


購入時と何年か使用した布団では何が違うのでしょう?
それは清潔な状態かどうかです。
側生地が汗や皮脂で汚れるのと同様に、中の素材も汗や皮脂を吸って汚れていきます。吸湿・放湿性の高い羽毛布団でも汗や皮脂が蓄積されれば汚れてダウンボールは小さくなっていきます。どんなに高価で購入した羽毛布団でも、ふくらみと暖かさが減り側生地も汚れていては魅力がなく、快適な布団ではありません。

快適さを維持する方法は?

月に1度くらいは布団を干しましょう。風通しのよい場所での陰干しがオススメです。羽毛布団は吸湿・発汗性に優れているので月1回程度で大丈夫です。綿布団の場合は週1回程度、日光に当ててください。
一冬使用したら布団を丸洗いに出しましょう。干しても蓄積した汚れは残っていますので洗って落とすのをオススメします。側生地もスッキリと。
5~10年間使用している羽毛布団は、新品同様にリフォームしましょう。丸洗いしても側生地の汚れが落ちず、ふくらみやボリュームが直ぐに落ちてしまう場合は、側生地から羽毛を取り出し洗浄、除塵、防臭・抗菌加工し、追加羽毛と併せ新品の側生地に詰め直すリフォームがオススメです。羽毛布団が20年以上使える事を実感できます。
最終手段は新品の購入です。これは誰もが判る間違いのなさですが、短期間での新品購入はエコロジーの時代にはちょっとモッタイないですね。そこで古い布団は廃棄ではなく用途を変えて肌掛け布団や膝かけ、子供用布団へのリメイクがオススメです。お孫さんへのプレゼントも素敵かも。

干すことはもちろんですが、定期的に丸洗いやリフォームを行うと、羽毛に汚れが蓄積されにくく結果的に良い状態が長く続くことになります。
羽毛布団は一生ものと言われますが、5年で買い替えなくてはならないか30年以上問題無く使い続けられるかは、ちょっとしたお手入れしだいなのです。

羽毛ふとんリフォームセンターではご希望のリフォームをお手頃な価格で実現します。
快適なお布団良い睡眠を、そして健康な毎日を手に入れましょう。

今お使いのお布団は快適ですか?

購入から5年以上丸洗いしていない
丸洗いから2年以上経過
2ヵ月以上干していない
空気を含ませてもボリュームが戻らない
暖かくない
羽毛が片寄っていて均等にならない
生地の隙間から羽毛が吹き出してきている
生地が汚れている
生地が破れそう
生地が破れている
イヤな臭いがする
押し入れに入れたまま使っていない

上記リストに1つでも当てはまる場合は丸洗いを、2つ以上当てはまる場合はリフォームを考えても良い時期です。
快適なお布団とは上記リストに当てはまらないお布団です。

快適なお布団で良い睡眠を、そして健康な毎日を手に入れましょう。